■■◆ GARAGの引き出し ■◆■

■ GARAG's drawers Weblog 2016 ■ Objet Artist / Takeshi Uchibayashi ■
----------------------------------------------------------------

【美術作家】内林武史のブログページです、今日もまた、機械を分解したり、木を削ったり、金属磨いたり。。。
機械/都市/記憶/宇宙/時間…などをテーマに、木/真鍮/電気部品/鉱石…。様々な素材でオブジェ作品を制作しています。
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
個展“Particles of the galaxy”は11月末で終了しました。

新宿高島屋での個展は11/29で終了しました。

この展覧会は二年ほど前から企画準備し制作してきた作品達を展示しました。

制作しながら画廊内を想像し「この作品を、あの場所に、こういうふうに展示しよう。」と

考えなら進めてきました。実際に作品を搬入し、ほぼ予定通りに展示が出来て満足のいく個展になりました。

観に来てくださった方に楽しんでもらいたい、びっくりさせたいという気持ちと、

時間をかけて創ってきた作品達を少しでも良い状態でみせたいという思いで展示しました。

ご高覧くださった皆様、本当にありがとうございました、

また次回違った世界をお見せ出来ればと思っています。

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

個展では観に来てくださった様子を皆様に自由に撮って頂きました。

それらの写真はこちらの「ツイッター・モーメント」にまとめてあります。

作家本人とは違う様々な視点からの撮影はとても興味深く大変参考になりました。

●TakeshiUchibayashiツイッター内、モーメント

【皆さんが撮ってくださった粒子のオブジェ達 】

 

会場の様子のアルバムはこちらからどうぞ。

こちらは友人の写真家、山田大輔氏が遊びに来てくれたついでに

何枚か撮ってくれたものですが、さすがプロという写真がご覧頂けます。

●TakeshiUchibayashiフェイスブック内、アルバム

【写真家・山田大輔氏の撮影による会場内と作品のアルバム】

 

 

作家自身でも会場、作品の写真を撮りましたので

そのうちまとめてどこかでお見せしたいと思います。

 

内林武史ツイッター

https://twitter.com/garag_takeshi

 

内林武史フェイスブック

https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

11/16より新宿高島屋10階にて個展開催です。

内林武史新作オブジェ展

「Particles of the galaxy」開催

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

会期: 2016年11月16日(水) - 11月29日(火)

営業時間: 午前10時〜午後8時(金,土は午後8時30分まで営業)

※ 会期中無休・入場無料
※ 最終日11/29は夕方4時で閉場いたします。
会場:高島屋新宿店 10階・美術画廊

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL(03)5361-1111(代表)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

Takeshi Uchibayashi Object Exhibition
“Particles of the galaxy”
November 16 - 29, 2016

Hours: 10 am - 8 pm

Takashimaya Shinjuku 10th floor art gallery

151-8580 Shibuya-ku, Tokyo Sendagaya 5-24-2
TEL (03) 5361-1111

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

前回、新宿と横浜の高島屋での個展開催は

2013年の11月、12月なので、今展は三年振りとなります。

前回の展覧会タイトルは「記憶と幻想の実験室」でした。

今回は惑星、都市、機械、など様々な物質を構成する

小さな粒「粒子」をテーマに作品を制作しています。

 

s325664

 

空想都市、真鍮のロケット、建築中の三日月、惑星灯台、蒼く光る彗星…

音の出る作品や小さなテレビ、持ち上げると鉱石が光る小さな木箱なども展示。

記憶、幻想、宇宙、機械、異次元、パラレルワールド…。

___________________________________________________________

“Particles of the galaxy”

- 銀河の粒子 -

 

銀河の星々も自分の体と同じ粒子で出来ているのかもしれない、
そう考えると遥か彼方の惑星にもなんだか親近感が湧くのです。

 

本当かどうかは知らないけれど、
宇宙に存在する星の数は地球にある全ての砂粒よりも多いという。

 

そのなかには地球と同じように都市があり機械があり、

何億という人々が暮らしているのだろう、そして彼らは夜空を指差してこうつぶやく
「もしかしたらこの宇宙のどこかに同じ粒子でできた生物がいるかもしれないな」と。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

会期: 2016年11月16日(水) - 11月29日(火)

営業時間: 午前10時〜午後8時(金,土は午後8時30分まで営業)

※ 会期中無休・入場無料
※ 最終日11/29は夕方4時で閉場いたします。

 

会場:高島屋新宿店 10階・美術画廊

〒151-8580東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL(03)5361-1111

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

出展作品より

●「記憶の標本」

素材:真鍮、銅、鉱石、木材、電気部品、他


●「その光はある日突然現れた。」

素材:木材、樹脂、電気部品、他


●「銀河へと繋がる」

素材:真鍮、木材、鉄、ガラス、電気部品、他


●「Imagination energy」
素材:真鍮、銅、鉱石、木材、電気部品、他


●「星の棲む灯台」
素材:木材、真鍮、銅、鉱石、ガラス、電気部品、他


最新情報や作家在廊日など、このブログページツイッターでお知らせしていきますので、ご確認くださいますようお願い致します。

 

 

ここちよい風景とは

いま住んでいる東京湾岸・臨海地区の閑散として無機質な風景がとても心地よく落ち着く。人が居るはずなのに人の気配がしない不思議な景色。自分の中の心象風景はこんな感じだ、なぜだろうかとよく考える。

 

区画整理された武蔵野の団地で生まれ育ったせいもあるが、中二から高一のころ数年間だけ住んでいた浦安の影響が強い気がする。殺風景で空き地だらけで砂埃と潮風が吹きまくる。建築途中のシンデレラ城、京葉線の高架や高速道路もまだ工事中。防波堤、埋め立て地、防波堤、その向こうにまた埋め立て地、何も無い、あるのは工事現場だけ、そんな風景。

 

 

宇宙空間に浮遊するメトロポリス

球体ドームの中に都市をつくっている。

"宇宙空間に浮遊するメトロポリス"。

 

そんなイメージ。

管理された巨大な光りの都市はひとつの生き物のようでもある。


この作品も11月の新宿高島屋個展で展示する予定。

作品【To the gallery】の取扱説明書
ギャラリー椿で2016年6月16日(木)〜22日(水)に
開催される展覧会「GALLERY TSUBAKI REUNION」は
90名の作家さんの絵画,写真,レリーフ,オブジェなど様々な作品が並びますが
その中の一点、内林武史はオブジェで参加いたします。
展覧会の詳細情報はこちらからどうぞ。

タイトル「To the gallery」
制作年:2016年
サイズ:高さ410×幅320×奥行320(mm)
素材:木材、真鍮、ハンダ、電気部品(LEDなど)

アトリエで長い時間かけて作ってきた作品は
完成し、やがて「ギャラリーへ」と運ばれて行きます。
いままで存在したその場所に作品が無いのは
少しさびしい気持ちになりますが、散らかった作業場を離れ
華やかで美しいギャラリーで展示してもらえる
作品達はきっと幸せな気持ちでいることでしょう。

今回、10数年お世話になっているギャラリーの記念展覧会なので
作品達と作業場の気持ちによった作品をつくりました。

この作品は
床と階段、真鍮製の脚立と塗料缶、照明器具がセットになっています。
手を触れて楽しんでいただく作品ですので、どうぞ会場でお楽しみください。



真鍮製の塗料缶を階段の一番上の段にそっと置くと照明が点灯します。
再び塗料缶を持ち上げて床などに置くと消灯します。


床に置いてある「塗料缶」を持ち上げて


階段の一番上の段に置くと照明が点灯します。


暗い場所で照明を床に置くと銀河のような光景が楽しめます。


※作品に手を触れる時は画廊スタッフに声をかけてください。
※真鍮製の塗料缶は高さ2cm程の小さなものですが、重たいので注意してください。
※手を触れるのは塗料缶だけで他の場所にはなるべく触れないようお願いします。
※点灯した場合は必ず階段から塗料缶をおろしてライトを消しておいてください。


「GALLERY TSUBAKI REUNION」
2016年6月16日(木)〜6月22日(水)
11:00am-6:30pm/日曜休廊

ギャラリー椿
104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F

展覧会詳細と全出品作品の画像はこちらでご覧になれます。
http://www.gallery-tsubaki.net/2016/REUION/info.htm
 
- | 22:04 | - | trackbacks(0) | - | - |
ギャラリー椿記念展に新作オブジェ一点を出品。
GALLERY TSUBAKI REUNION
2016年6月16日(木)〜6月22日(水)
11:00am-6:30pm/日曜休廊

ギャラリー椿
104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F
Phone : 03-3281-7808
http://www.gallery-tsubaki.net/

65944

58442

90人の作家が各一点、絵画,写真,オブジェなど様々な作品が展示されます。
入場無料、どなたでもご覧いただけますのでお気軽にお越しください。
※通常より展示会期が短いのでご注意ください。なお6/19(日)は画廊がお休みです。
※6/18(土)は夕方4時頃から関係者のパーティーがあり混雑が予想されます、作品をゆっくりご覧になりたい方は
早めにお越しになりますことをおすすめ致します。
 
おすすめのこうさくの本!
アトリエに遊びに来た友人のこどもたちが「何か」を作りたがる。
とりあえず制作の途中で出た四角や三角の木材のハシキレを渡し、
「なんでも好きなモノを作ってみよう!」とちびっ子たちに呼びかけるが
あまりピンとこない様子。急に「なんでも」や「好きなモノ」と
言われても困ってしまうのかもしれない。

そんなこんなで、なにかよい工作の本はないかな、と探していたのだが、
なんとも良いタイミングで知り合いの山添さんから
「この度、本を出しました!」というお知らせをいただく。
本のタイトルは『こどもがたのしくつくる はじめてのこうさく』

362511

早速買い求め、ページをめくっていくとこれはおもしろい!
工作の本でありながら”こども実験大全集”的な側面もあり
ぺらぺらとページをめくるだけでもいろいろ学べそう。

大人のマネをしたいとか、
なにかのニセモノをつくりたいとか、
自分にも覚えがあるある。
こどもゴコロのツボをつくあれやこれや。
「こうさく」というと男の子が好きそうなものが多くなりがちだが
ティアラとかシャンデリアとか女の子の
『お姫様になりたい願望』もかなえるあたりがニクイ!

こどもたちが何かを作るとき
大切なのは「いいもの」を作るとか
「丈夫なもの」を作るのではなく
一生懸命に手を動かし、作って、完成したあとに
いままで頭の中に無かった何かを学ぶことなのだろう。


本の中に、自分の手がたを厚紙に写して切り取り、
切手を貼って「葉書」として送るというのがあるのだが
毎年少しづつ大きくなる孫の「手がた葉書」が届いたら
おじいちゃん、おばあちゃんはさぞ喜ぶだろう、などと
想像してしまった。

遊びに来たちびっ子たちにまずこの本をみせて
「どれがやりたい?」と聞いてみようと思う。
すごく助かる本だ。


558774

こどもがたのしくつくる はじめてのこうさく (つくってあそべる本シリーズ)
著者:山添joseph勇(深沢アート研究所)
出版社: 高橋書店
http://www.takahashishoten.co.jp/book/12353.html

ISBN-10: 447112353X
ISBN-13: 978-4471123536
発売日: 2016/4/21
サイズ:  23.4 x 18.4 x 1.4 cm

こどもがたのしくつくる はじめてのこうさく (つくってあそべる本シリーズ)

 
どれもあまり使いこなせていませんが。。
いくつかのSNS、自分なりの使い分け。
ツイッターは制作途中や完成した作品の様子とたまにつぶやき。
フェイスブックは展覧会・イベントのお知らせなど。
インスタグラムは散歩での景色など、モノクロ写真をアップしています。

どれもあまり使いこなせてはいませんが
お時間ありましたらどうぞ覗いてみてください。

Twitter(ツイッター)
https://twitter.com/garag_takeshi

FaceBook(フェイスブック)
https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

Instagram(インスタグラム)
https://www.instagram.com/takeshi_uchibayashi/






Takeshi Uchibayashi インスタグラムより
 
ウェブサイトをリニューアルしました。
シンプルにスマートフォンでも観やすいサイトにリニューアルしました。

リンクなどはって頂く場合はトップページ
http://garag.net/ にお願い致します。

今後ともよろしくお願い致します。

アトリエ・ガラグ / 内林武史

2514888
2016年、本年もよろしくお願いいたします。

625558

2015年は沢山の方々のお力添えもあり、充実した作品制作と、
とても満足のいく展覧会を開催する事が出来ました。
お世話になった方々、ご高覧くださった皆様、本当にありがとうございました。


2016年は6月中旬にギャラリー椿での記念グループ展に参加予定で、新作一点を出品予定です。

11月には新宿高島屋美術画廊で個展を企画していただいています。
その展示に向け、じっくりと丁寧に制作していきたいと思っています。
現在考えている個展のテーマは『実験室』、知らない事を「知る」為の実験。
「知る」のは大きな喜びですが、それに至るまでの過程もまた喜びであり、驚きでもあります。
新しい素材、新しいモチーフに挑戦し、日々実験していこうと思っています。
高島屋美術画廊はとても広いので、新作,旧作も合わせて数十点の作品が並ぶ予定です
どうぞご高覧よろしくお願いいたします。

その他、展覧会やアートフェア、イベントへの参加などがありましたら
随時このNEWSページやTwitterにてお知らせして参ります。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

美術作家・内林武史
 

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.