■Takeshi Uchibayashi Blog◆GARAG's drawers■

美術作家/内林武史の展覧会情報などをお伝えするNewsブログ【GARAGの引き出し】です。 今日もまた、木を削ったり、金属を磨いたり、機械を分解したり。。。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
3月22日(金)〜松屋銀座で開催の朝日チャリティー美術展に参加

●Asahi Fusion Art EX -立体アート展-

朝日チャリティー美術展・東京展

 

松屋GINZA・8階イベントスクエア 入場無料

〒104-8130

東京都中央区銀座3−6−1

http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20190322_charity_8es.html

 

2019年3月22日(金)−3月25日(月)
<23日は18:00閉場。最終日17:00閉場、入札は最終日13:00まで>

 

この展覧会はチャリティー美術展です。

収益は児童養護施設の子どもの進学支援、「認知症カフェ」を全国に広める取り組み、東日本大震災復興支援事業などの朝日新聞厚生文化事業団の社会福祉事業に役立てます。「共に生きる豊かな福祉社会」の実現に向けて、さらなる歩みを進めるために、皆さまのご支援ご協力をお願い申し上げます。

3月18日(月)から下記サイトにて入札を受け付けております。

http://www.asahi-welfare.or.jp/bid/fusionart/2019/

 

主催:朝日新聞厚生文化事業団

協力:ギャラリー椿・Gallery花影捗・さかつうギャラリー・FUMA CONTEMPORARY TOKYO

 


 

内林武史は2点の新作オブジェを出品します。

 

「閉じたまま読む本」(2019)

真鍮の分銅をコインの上に置くと瓶の中の鉱物が光ります。この本は開く事が出来ませんが、光る鉱物を見つめていると物語の世界に連れて行ってくれるかもしれません。是非お手を触れて頂きたい作品です。分銅を置いたり、持ち上げたりして点いたり消えたりをお楽しみください。※お手を触れる場合は必ずスタッフ、係員に声をかけて下さい。会場には沢山の作品が展示してあります、絶対に他の作家さまの作品にはお手を触れないようお願い致します。

 

 

 

「夢の在り処,No'3」(2019)夢の中で採掘された幾つかの鉱物標本。

月面に隠された「石」を夢の中で探す装置。石の在り処が夢の在り処。[Grimaldi], [Stevinus]など4つの光る石の下に書かれているテキストはクレーター名から。※月を横切る真鍮の細い線は土星の輪の様なものではなく、夢の探査衛星の軌道(本当はみえない線)です。

 

 


 

最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

 

3月,パークホテル東京にて作品展示

●ART in PARK HOTEL TOKYO 2019

3月8日(金)〜10日(日)

プレビュー
3月8日(金)14:00〜21:00
※招待客・プレス関係者のみ
一般公開
3月9日(土) 12:00〜21:00
3月10日(日) 12:00〜19:00
※ご入場はフェア終了の1時間前まで

 

パークホテル東京26階・27階
〒105-7227 東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー (フロント25階)
T. 03-6252-1111(代表)

入場料 ¥1,500 / 1 Day Pass
※当日、フェア受付にてお買い求めください

https://aipht.artosaka.jp

内林武史作品は[2719号室・Sansiao Gallery]にて展示されます。

光の色を7色に変更可能な『星の街』の特別バージョン
「galaxy M192」など新旧合わせて約10点を出品

(galaxyは一点のみの出品です。)

小さな木箱の作品
「空想の庭 幾つもの行き先 – 812」(2019)

 

以下、「AiPHT 2019」ウェブサイトあいさつ文より

「AiPHT 2019」では、総勢42ギャラリー(東京:15軒、東京以外:21軒、台湾:3軒、韓国:3軒)がラインナップ、内9軒が初出展です。当フェアの特徴の1つ目は、東京以外を拠点とするギャラリーが数多く出展する点です。東京ではなかなかご覧頂く機会の少ない作家・作品を、少数精鋭の質の高いプレゼンテーションでご紹介します。2つ目は自宅でのアートコレクションをイメージし易い点です。各ギャラリーがホテル客室に工夫を凝らし、親密な空間にて作品との出会いを演出します。
また、出展作品は若手注目作家から、国際的に活躍する著名作家の絵画・彫刻・版画・写真に限らず空間全体を使ったインスタレーションまで、幅広くご紹介します。さらに今回注目すべきは、近年国内の主要な美術館で研究・評価がされている「1980年代」を展示テーマの1つに挙げている点です。80年代の日本の美術シーンを象徴する作家作品も多数出展される予定です。

 




 

個展『星の街』は12/22にて終了しました。(南青山・新生堂)

南青山の新生堂で開催していた個展「星の街」は12月22日(土)にて閉場しました。沢山のご高覧ありがとうございました。ご来場くださった皆様が撮影してくれた展示の様子などはツイッターモーメントでご覧いただけます。https://twitter.com/i/moments/1071734134207262723

【チェロのミニライブのお知らせ】

12/21(金)、友人のチェリスト・本橋快氏のミニミニソロライブがあります。演奏時間は17:00ごろから15分くらいだと思いますが、状況に応じてもう少し演奏してもらえるかもしれません。天井高が5メートルくらいある音の響く空間での小さな小さな演奏会です。少しですがワインなどもお楽しみ頂く予定です。かしこまったものではありません、お時間ございましたら是非お気軽にオブジェの光とチェロの音色を楽しみにお越しください。

 

107-0062 東京都港区南青山5-4-30
新生堂ギャラリー
12/21(金)17:00頃から...
入場/鑑賞 無料※予約不要

曲目:バッハ無伴奏1番〜、クリスマスキャロル(アレンジ)など。

 

 

 

 

家の様な形の中には沢山の星が集まった一つの銀河。そんな銀河が無数に存在しているのが宇宙なのだろうか。

子供の頃、壁の向こう側や押入れの中が無限に広がる宇宙空間に繋がっていたら… など自分と宇宙との境界線を考え、怖いながらもドキドキわくわくし、眠れぬ夜をおくっていた。

家の中が宇宙、壁の向こうが宇宙。そんな空想の銀河の旅をどうぞお楽しみください。

【ギャラリーページ】

http://shinseido.com/takeshi-uchibayashi-ex18/

 

 

 

南青山・新生堂画廊

12月6日(木)〜12月22日(土)

●日曜休廊 (9日、16日は画廊がお休みです、ご注意ください。)

●営業時間:午前11時〜午後6時 (最終日12/22[土]は午後5時で終了致します。)

●入場無料、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

107-0062 東京都港区南青山5-4-30

tel,03-3498-8383

http://www.shinseido.com/

 

 

「星の街」と「月の塔」

 

 

 

[Takeshi Uchibayashi object exhibition "city of stars"]

●Thursday, December 6 - Saturday, December 22

●Gallery SHINSEIDO

5-4-30 Minami Aoyama Minato-ku Tokyo

tel,03-3498-8383

http://www.shinseido.com/

●Closed on Sunday

●free entrance

●Artist website→

 

 

 

一階、地下ともに内林武史展の開催です。

新生堂一階では旧作の展示、地下スペースにて新作「星の街」を展示致します。

 

詳細、変更などありましたらまたこのページにてお知らせ致します。

 


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi


 

5人の作家による金属オブジェ展(日本橋タカシマヤ)

この展覧会は9/17で終了しました、沢山のご高覧ありがとうございました。

今後の展覧会情報はこちらからどうぞ。

 

 

5人の作家による金属オブジェ展「Metal Fetish メタル・フェティッシュ」現在開催中です。

 

 

8月29日(水)→9月17日(月)

日本橋高島屋6階・美術画廊X

会期中無休・入場無料

 

〒103-8265

東京都中央区日本橋2丁目4番1号

TEL:(03)3211‐4111

https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/floor/f06.html

 

参加作家(順不同・敬称略)

内林武史、明和電機、菅野猛、桑原弘明、篠田守男

 

 

5人の参加作家による様々な金属オブジェが20数点展示されています。

 

内林武史出展作品 - 01「月の眠る場所」2018年制作

素材:真鍮、樹脂、ガラス、木材、電気部品など

 

内林武史出展作品 - 02「時の輪郭」2018年制作

素材:真鍮、鉱物(水晶)、電気部品など

 

内林武史出展作品 - 03「時の輪郭」2018年制作

素材:真鍮、鉱物(蛍石)、電気部品など

 

内林武史出展作品 - 04「Imagination energy」2016年制作

素材:真鍮、木材、鉱物(水晶)、電気部品など

 

なお、同時期に高島屋から徒歩圏内の「Sansiao Gallery」にて立体オブジェの展覧会『Materia』が開催されますのでこちらも併せてご高覧くだされば幸いです。詳細はこちらから→ http://hikidashi.garag.net/?eid=1575617

 

コレクション展「Materia」にて作品が展示されます。(Sansiao Gallery)

この展覧会は9/15で終了しました、沢山のご高覧ありがとうございました。

今後の展覧会情報はこちらからどうぞ

 

「Materia」

展示期間 2018年8月25日(土)〜9月15日(土)

(日・月・祝・休廊)


展示作家

ミロスワフ・バウカ

マーティン・キッペンベルガー

ゲルハルト・メルツ

ブレア・シーグラム

染谷亜里可

内林武史

ピーター・ヴォーコス

 

本展では、Sansiao Galleryのコレクションの中から、立体作品や素材の面白さがある作品をピックアップ。展覧会タイトルはラテン語で素材を意味する「Materia」、その語源は「母」。それぞれの作家のコンセプトや技量によって豊かな表現が生み出されています。ぜひご高覧くださいませ。(ギャラリーコメントより引用)

 

内林武史の作品は透明のカプセルに入ったブラウン管テレビとCDプレーヤーのオブジェ、レンズが組み込まれた照明のオブジェなどギャラリーにコレクションされている90年代に制作した作品が展示されます。お時間ございましたら是非この機会にご高覧ください。(入場無料)

※同時期にこのギャラリーから徒歩圏内の日本橋高島屋6階・美術画廊Xにて金属オブジェの展覧会「Metal Fetish」が開催されますのでこちらも併せてご高覧くだされば幸いです。詳細はこちらから→ http://hikidashi.garag.net/?eid=1575615

Sansiao Gallery
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F
Tel: (0)3-3275-1008 Fax: (0)3-3273-9309

 

火曜日-土曜日 12:00-19:00

日曜日・月曜日・祝日 休廊

http://sansiao-gallery.com/

 

横浜タカシマヤでの個展は終了しました。

横浜タカシマヤでの個展は2/13で終了しました。ご高覧くださった皆さま、気にしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。次回、作品展示の予定は8月下旬に日本橋眦膕梓覯茲開催されるグループ展覧会(現在、金属オブジェ作家5人展の予定)、12月に南青山・新生堂ギャラリーにて新作オブジェ個展を予定しています。今後ともよろしくお願い致します。 内林武史


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi


 

横浜高島屋7階・美術画廊にて個展「Particles」開催

Takeshi Uchibayashi Object Exhibition
内林 武史オブジェ作品展“Particles”

「宇宙のどこかの惑星や生物、遥か彼方の巨大な都市も自分の体と同じ粒子で
出来ているのかもしれない、そう考えるとなんだか少し親近感が湧くのです。」

空想の都市のオブジェなど、新旧約40点の作品が並びます。会期一週間ほどですが
お時間ございましたら是非ご高覧ください、会期中無休、入場無料。

■会期 : 2018年2月7日(水)→ 2月13日(火)
■会場 : 横浜眦膕 7階 美術画廊
※午前10時から午後8時まで
※最終日は午後4時閉場


〒220-8601
横浜市西区南幸1-6-31
TEL(045)311-5111

http://www.takashimaya.co.jp/yokohama/event3/index.html#os6623

横浜高島屋での個展は2013年の「記憶と幻想の実験室」以来5年振りとなります。今展は2016年秋に新宿眦膕鞍術画廊で開催した個展「銀河の粒子」の少し形を変えた巡回展です、「銀河の粒子」展をご覧いただけなかった方、もう一度ご覧になりたい方、お時間ございましたら是非お越しください。


展示会場にてポストカード7枚セット販売致します。

(通販でご購入の方はこちらからどうぞ。


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。

website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

GINZA SIXでの展示終了しました。

この展覧会は1/24で終了しました。ご高覧くださった皆さま、気にしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。次回、作品展示の予定は8月下旬に日本橋眦膕梓覯茲開催されるグループ展覧会(現在、金属オブジェ作家5人展の予定)、12月に南青山・新生堂ギャラリーにて新作オブジェ個展を予定しています。今後ともよろしくお願い致します。 内林武史


GINZA SIX 5階・Artglorieux GALLERY OF TOKYOにて開催のオブジェ企画展に参加

ギャラリー企画展「立体作品の魅力・3-Dimensional Arts」
1st,Exhibition 1/18-1/24 内林武史、大森暁生

■会期:2018年1月18日(木)→ 1月24日(水) ※会期中無休
■会場:GINZA SIX 5階「Artglorieux GALLERY OF TOKYO」※入場無料
■営業時間:午前10時30分から午後8時30分まで

※最終日1/24は夕方6時で閉場します。

 

アートグロリューギャラリー・オブ・トーキョー
〒104-0061
東京都中央区銀座六丁目10番1号
GINZA SIX 5F
TEL(03)3572-8886

http://artglorieux.jp/

 

 

 

小さな頃から「探す」と「発見」を絶えず繰り返しているわけですが、それは星や石だけではなく思い描いた物をどう形にするのかや、道具や材料の新しい使い方など様々です。今回の展示はそんな「発見」や「探す」をキーワードに、2005年から2018年制作の約20点のオブジェ作品を展示

 

未知の星を探す。

秘密の隠れ家を探す。

大切なたからものを探す。

電波を探す。

行き先を探す。

都会で空を探す。

小さい頃読んだあの本を探す。

異空間への入口を探す。

空に浮かぶ月を探す。

光る石を探す・・・。

 

ギャラリーは二つのスペースに分かれていて一つは大森暁生氏、もう一つのスペースに内林武史の作品が展示されます。会場は銀座6丁目、GINZASIXの5階にあるギャラリー「アートグロリュー」。銀座にお出かけの際は是非お気軽にお立ち寄りください、会期中無休、入場無料です。


※触ってお楽しみいただく作品もございます、お手を触れたい場合はお気軽にスタッフにお声掛ください。
※展示会場に作品ファイルと一緒にノートを置いておきますので感想などお書きいただけると嬉しいです。


【作家在廊日】
23日(火)は15時から18時まで、

24日(水)の最終日は15時から18時まで在廊予定です。
 


 

2nd,Exhibition 1/25-1/31 は
祝迫芳郎氏、松枝悠希氏、渡辺おさむ氏の作品がご覧になれます。

 


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。

website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

個展「alu」終了しました。

10/21(土)を持ちまして個展「alu」は終了しました。
今回は在廊日も多くとれ、沢山の方々と「記憶の共有」ができた展覧会となりました、
「新作です!」と胸をはってお見せできる作品は一年で10数点程しか創れません。
その、年に一度の新作オブジェ達を展示した「空間」を公開する大切な二週間でした。
ご高覧くださった皆さま、気にしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

詳細にかつ素敵に今展を解説してくださっているUさんのブログ
「U書斎」へはこちらから!
http://study-u.com/life/takeshi-uchibayashi-171021/


2018年は2月に横浜高島屋にて個展
8月、日本橋眦膕芦莽Xで開催の企画展への参加
12月、青山新生堂ギャラリーでの新作オブジェ展開催。
今後ともよろしくお願い致します。


今後の展覧会予定など内林武史のwebsite
http://garag.net/exhibition.html

ツイッター
http://twitter.com/garag_takeshi

インスタグラム
http://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/

個展「alu」開催中、10/21(土)まで。

この展覧会は4/21(土)で終了いたしました。

 

新作オブジェ個展は昨年秋の新宿高島屋美術画廊以来1年振り、

ギャラリー椿で個展を企画して頂くのは2015年の「Another Planet*」以来、2年振りとなります。

-----------------------------------------------

或る日、たまたまそこに存在している物に偶然出会う、小さな物語はいつもそうやって始まる。

『alu』は「在る」「或る」などの "ある"。光、音、色、匂い。。。

月や星、光る石や分解された機械、工事現場の建築物など、脳裏に刻み込まれた記憶。

初めてみた風景なのになぜか懐かしく感じる。そんな感覚でゆっくりとご覧頂けたらと思います。

内林武史展『alu』

Takeshi Uchibayashi Exhibition [alu]

会期:2017年10月7日(土)〜10月21日(土)
営業時間:11:00AM - 6:30PM ※入場無料

 

ギャラリー椿 GALLERY TSUBAKI / GT2 

〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F
3-3-10,Kyobashi,Chuoh-ku,Tokyo,104-0031
TEL 81-(0)3-3281-7808

http://www.gallery-tsubaki.net/

 

 

ギャラリー椿はメインの大きなスペース「GALLERY TSUBAKI」と小さなスペース「GT2」に分かれています。内林武史展は今回「GT2」での開催です。入口はビルの両側にあり、どちらからでもお入り頂けます。同会期、メインの大きなスペースでは夏目麻麦(Asagi NATSUME)展が開催されます。

 

個展「alu」出品作品

 

 

 

 

 

 

 

出品作品や最新の情報などツイッターやインスタグラムでもお伝えしています。

Twitter: https://twitter.com/garag_takeshi

Instagram: https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/

 

 

 

きのこの展覧会「菌輪展 -Fairy Circle-」

4/22(土)〜5/2(火)
「菌輪展 -Fairy Circle- 人が足を踏み入れたことのない場所」
きのこなど菌類をテーマにした作品が並ぶ展覧会です。

 

出品作品2点

対話する菌類の標本[sporangia bursts](成体)

対話する菌類の標本[spores](胞子)

 

スパンアートギャラリー

東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201704fairycircle.html

 

11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

4月26日(水)休廊

 

 

【参加作家】
東 逸子、伊豫田晃一、内林武史、オカムラノリコ、おぐらとうこ、 北見 隆、
shichigoro-shingo、鈴木陽風、諏訪孝志、瀬戸 照、高橋千裕、多賀 新、
建石修志、とよ田キノ子、丹羽起史、長谷川友美、ヒロタサトミ、 深瀬優子、
まちだまこと、山田雨月、山本じん、山本もえ美

 

【トークショー】
4月29日(土)17:00〜18:00 飯沢耕太郎、池澤春菜(声優・エッセイスト)

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.