■■◆ GARAGの引き出し ■◆■

■ GARAG's drawers Weblog 2018 ■ Objet Artist / Takeshi Uchibayashi ■
----------------------------------------------------------------

【美術作家】内林武史のブログページです、今日もまた、機械を分解したり、木を削ったり、金属磨いたり。。。
機械/都市/記憶/宇宙/時間…などをテーマに、木/真鍮/電気部品/鉱石…。様々な素材でオブジェ作品を制作しています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
疑心暗鬼とパンとピザ
手作りパン

手作りピザ

以前から、小麦粉をコネてパンやらピザやらいろいろ作ってきましたが
「ニーダー」という機械を使うとすごく簡単に作れる事が今更判明。
ブラウンのマルチミックスM880という「スーパーマシン」を買ったのは
かれこれ8年以上も前になるらしい(保証書に2000年6月購入とあった)
泡立て器やみじん切りにするフードプロセッサーや鍋などにつっこんで使う
ブレンダーという先端部品などがセットになったキッチンツールだが、
「ニーダー」というヘンテコな部品だけ一度も使った事が無かった。
いやはやどーして、コイツはスゴいパーツです。
今までヒーフー言いながら、コネてはタタキ、タタイてはコネて
20分近くかかって作っていたパン生地が、ボールに「ニーダー」を
突っ込んでウニウニ混ぜているだけで、モノの3分で出来てしまうのだ。

もっと早く使っておけば良かったと思うが、説明書の文章や生地を作る写真があまりにも
簡単にやってのけているのが、どうも怪しく見えて疑心暗鬼になっていたのだな、
だから疑った罰に長い間、無駄な体力を使っていたのだろう。
まず、一度試してみろって事か。

てなワケで、ここ最近パンやピザを作る回数が格段に増えた。
強力粉300gが25cmのピザ1枚とボールパン4つに変身するのは楽しい。
ゆっくり発酵させた生地を型に入れて焼けば大きなイギリスパン風になりサンドイッチや
トーストでウマい。(パンの型なんて持っていないのでティファールの20cm鍋を使用)。
パン作りの本など無くても、小麦粉の袋の裏に書いてある作り方に、少しづつ自己流の
アレンジをしながら美味しいパンが出来るのだな。

■■■
コメント
from: such   2008/09/17 3:38 AM
日々の創作。生きるための基本だね。脱帽。
from: yue   2008/09/21 11:04 AM
う-ま-そ〜。
まさに、最高の作品だね!
from: TAKESHI   2008/09/22 7:42 PM
⇒そう!ウマイ物食う為に「一生懸命何か作る」は基本ですよね!


⇒最高の作品達だが、ここは小麦粉や牛乳のすぐ近くに
石膏や白いペンキがあるのがちょっとコワイところです。
from: naomi   2008/10/15 1:41 PM
たけちゃーん!
パンとかピザとか作るんだねー!
私は「かつて」はまってました!

最近は、パン作ってないなあ・・
やってみる!
from: TAKESHI   2008/10/18 12:11 PM
⇒そう、作品も作るがパンやピザも作るんだよ。
キノコたっぷりのピザとかソーセージパンとか!
ウマイよね!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikidashi.garag.net/trackback/1013474
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.