■■◆ GARAGの引き出し ■◆■

■ GARAG's drawers Weblog ■ Objet Artist / Takeshi Uchibayashi ■
----------------------------------------------------------------

【美術作家】内林武史のブログページです、今日もまた、機械を分解したり、木を削ったり、金属磨いたり。。。
機械/都市/記憶/宇宙/時間…などをテーマに、木/真鍮/電気部品/鉱物…。様々な素材でオブジェ作品を制作しています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
銀座・伊東屋ギャラリー 個展を終えて。
 
4/18で個展「都市の幻影」が終了しました。
会期中天気も良く、桜の満開時にも重なり
自転車での途中途中ではいろいろな桜が楽しめました。

10日間という期間はいつもの展示期間より短いが
中身の濃い10日間になりました。
通常の画廊とは違い、やはり「銀座のど真ん中」で
「文房具屋さんのビル」という場所柄か
普段あまり画廊には入らないという人達が多かった気がします。
大きなデパート系の強みというか、スタッフさんの人数が多いので
「会期中無休」というのも大きな要因でしょう。

新学期の文具を買いに来た学生さんや、
新しい手帳やペンを買いに来たおじさま、
近所のオフィスやショップにお勤めの方々、
ありがたい事に「初めて内林武史作品を見ました」という
お客様の数は300人近くにもなりました。

8885777

5年振り、10年振り、15年振りと久しぶりの出会いも多かった。
小学校時代の幼なじみやデザイン学校時代の同級生と会うと
フワーッと「その頃」を思い出すし
ママになり小さな赤ちゃんを抱いている友人や
ご夫婦やご家族で立ち寄って作品に触れてもらえたり、
いくつもの画廊のスタッフさんやオーナーさん
画家、作家のお友達にも沢山見ていただけました。

いつも、もっと気軽に、洋服屋さんや雑貨屋さんに入るように
ふらりとギャラリーに入って来てもらえたらと思います。
そうは思っていない「買わないなら入ってくるな」、という
考えの作家さんやギャラリーもあるでしょう。
買ってもらえて嬉しいのは当然ですが、
ゆっくりと展示を楽しみ、いつもと少し違う時間を過ごし
何かを思い出したり、新しい何かに気づいたりしてもらえたら本当に嬉しいです。
実は作家もそこでいろいろなモノをもらっているんです。

36698

いつも個展の時には会場に感想などを書いてもらう
「自由帳」を置いてあるのですが
そこには作品や展示に関する感想とともに
いま人々が求めている空間や時間、
おれや芸術家達が今後どうすべきかとういうヒントが
ぎっしりと詰め込まれている宝のノートです。

32669

展覧会をご覧いただいた皆さま
本当にありがとうございました。
次回もまた楽しく作品を制作して
新たな空間を創っていきます。

78995


今年の11月末に開催予定の京橋・ギャラリー椿での新作展覧会には
また是非是非、足を運んでいただけたらと思います。

最新の展示・イベントの情報は
アトリエwebsite http://www.garag.net/
スタジオwebsite http://www.mo-dif.com/

でご覧いただけます。



この記事の作品画像は友人の小原氏が撮影してくれたものです。

考えてみる | 19:34 | - | trackbacks(0) | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikidashi.garag.net/trackback/1575467
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.