■■◆ GARAGの引き出し ■◆■

■ GARAG's drawers Weblog 2018 ■ Objet Artist / Takeshi Uchibayashi ■
----------------------------------------------------------------

【美術作家】内林武史のブログページです、今日もまた、機械を分解したり、木を削ったり、金属磨いたり。。。
機械/都市/記憶/宇宙/時間…などをテーマに、木/真鍮/電気部品/鉱石…。様々な素材でオブジェ作品を制作しています。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
宇宙の地図

 全宇宙の広さがどれくらいなのか。

どの銀河が、どのあたりにあるのかという
宇宙の地図を作る壮大なプロジェクトの映像の一部。
無数の白い点は一つの星ではなく、2000億以上の恒星が渦巻く銀河星雲
その恒星の周りにはきっと惑星や衛星がまわっているのだろう。

しかもその宇宙全体は光の速さを超えるスピードで広がっていて
150億光年より先は観測不能、推定でその倍の300億光年ともいわれる。

望遠鏡からの膨大なデータを使い
デジタル処理したCGの画像ではあるのだが、
ある意味、本当の「宇宙地図」の一部だと思うと美しい。
生きている時間はあまりにも短く、
自分の存在はあまりにも小さくて切なくなる。


自分が住んでいる星に問題が山積みなのに
宇宙の広さをみてどうなる?と言う人もいるだろうが
それを考えて、そしてどうするのかを思う為に
人は生まれてきたのかな、とも思うのです。


ほんの一部分というにはあまりにも大きすぎます。

スローン・デジタル・スカイサーベイ(SDSS)
The Sloan Digital Sky Survey


考えてみる | 21:15 | - | trackbacks(0) | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikidashi.garag.net/trackback/1575548
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.