■Takeshi Uchibayashi Blog◆GARAG's drawers■

美術作家/内林武史の展覧会情報などをお伝えするNewsブログ【GARAGの引き出し】です。 今日もまた、木を削ったり、金属を磨いたり、機械を分解したり。。。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
新作オブジェ展[and geometry]いよいよ来週10/01より

 来週水曜、10/1より
南青山の新生堂ギャラリーにて新作オブジェの展覧会
「and geometry」が始まります。

新生堂で個展を企画していただくのは2010年の「kikai no kokoro」展
2012年の「ある建築家の発明」展に次いで今回で3回目

幾何学をテーマに制作した新作オブジェ15点。
地下の吹き抜けのフロアと中地下の真っ暗な部屋、
二つの空間で異なった展示をします。
展覧会詳細、作家在廊日などは⇒こちらからどうぞ。


そもそも「幾何学」とはなんぞや、なんですが
要するに図形を使って複雑な形の面積や体積を測る学問
というのがその始まりらしいのですね。
答えを出す途中のその図形が面白かったり、美しかったりしたので、
それを連続した模様にしたり、色を塗り分けたりと、組み合わせて
さまざまな「幾何学模様」として生活に取り込まれていったようです。

自分が惹かれる物や世界をテーマに展覧会を構想しますが
宇宙や鉱物、電気部品や都市、建築・・・などなど。
それら至る所に幾何学が関わっていて、いつもそれに何気なく
引き寄せられているのだな、と気付かされます。


0039
久しぶりに真鍮のみで制作したフレームの構造オブジェ。壁面3点展示

49855

0036
壁面に飾る正六角形をモチーフにした4点のシリーズ作品


0367
中地下スペースに展示する白い作品、光ります。

0040
銀色の多角形、今回唯一の「機械」が内蔵された作品です。

0368
螺旋階段、美しいグラデーションをどうぞ。

0035
DM作品 「gmt-5328」


展覧会詳細、作家在廊日などは⇒こちらからどうぞ。
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikidashi.garag.net/trackback/1575563
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.