■Takeshi Uchibayashi Blog◆GARAG's drawers■

美術作家/内林武史の展覧会情報などをお伝えするNewsブログ【GARAGの引き出し】です。 今日もまた、木を削ったり、金属を磨いたり、機械を分解したり。。。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
作品【To the gallery】の取扱説明書
ギャラリー椿で2016年6月16日(木)〜22日(水)に
開催される展覧会「GALLERY TSUBAKI REUNION」は
90名の作家さんの絵画,写真,レリーフ,オブジェなど様々な作品が並びますが
その中の一点、内林武史はオブジェで参加いたします。
展覧会の詳細情報はこちらからどうぞ。

タイトル「To the gallery」
制作年:2016年
サイズ:高さ410×幅320×奥行320(mm)
素材:木材、真鍮、ハンダ、電気部品(LEDなど)

アトリエで長い時間かけて作ってきた作品は
完成し、やがて「ギャラリーへ」と運ばれて行きます。
いままで存在したその場所に作品が無いのは
少しさびしい気持ちになりますが、散らかった作業場を離れ
華やかで美しいギャラリーで展示してもらえる
作品達はきっと幸せな気持ちでいることでしょう。

今回、10数年お世話になっているギャラリーの記念展覧会なので
作品達と作業場の気持ちによった作品をつくりました。

この作品は
床と階段、真鍮製の脚立と塗料缶、照明器具がセットになっています。
手を触れて楽しんでいただく作品ですので、どうぞ会場でお楽しみください。



真鍮製の塗料缶を階段の一番上の段にそっと置くと照明が点灯します。
再び塗料缶を持ち上げて床などに置くと消灯します。


床に置いてある「塗料缶」を持ち上げて


階段の一番上の段に置くと照明が点灯します。


暗い場所で照明を床に置くと銀河のような光景が楽しめます。


※作品に手を触れる時は画廊スタッフに声をかけてください。
※真鍮製の塗料缶は高さ2cm程の小さなものですが、重たいので注意してください。
※手を触れるのは塗料缶だけで他の場所にはなるべく触れないようお願いします。
※点灯した場合は必ず階段から塗料缶をおろしてライトを消しておいてください。


「GALLERY TSUBAKI REUNION」
2016年6月16日(木)〜6月22日(水)
11:00am-6:30pm/日曜休廊

ギャラリー椿
104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F

展覧会詳細と全出品作品の画像はこちらでご覧になれます。
http://www.gallery-tsubaki.net/2016/REUION/info.htm
 
- | 22:04 | - | trackbacks(0) | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikidashi.garag.net/trackback/1575593
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.