■Takeshi Uchibayashi Blog◆GARAG's drawers■

美術作家/内林武史の展覧会情報などをお伝えするNewsブログ【GARAGの引き出し】です。 今日もまた、木を削ったり、金属を磨いたり、機械を分解したり。。。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
SUPPORT THE ARTS & ARTISTS展に参加しています。

オンライン展示へはこちらからどうぞ、5/24(日)までご覧頂けます。  http://cloudsartcoffee.com/takeshi-uchibayashi.html

 


CLOUDS ART+COFFEE
http://cloudsartcoffee.com
166-0002 東京都杉並区高円寺北2-25-4


営業時間:13時〜19時
定休日:月曜日


内林武史は「Eternity」というガラス瓶の中で鉱物が光る作品2点を出品します。永遠に光り続けること… を夢みる小さな石のカケラたち。

「1810」と「1820」は同タイプの作品です。瓶、台座、箱などはほぼ変わりありませんが中で光る石は天然の蛍石(フローライト)の八面体結晶を使用しているので各作品で違います。点灯のON/OFFは台座部の真鍮プレートに軽く触れて行います。触れ続けると明るさの明暗調節が出来ます。(※この作品は明るさの調節は出来ますが、光りのゆっくりとした点滅は致しません、点灯か消灯です。)二点とも専用の木箱に入っています。

「Eternity-1810」 Sold Out
「Eternity-1820」 Sold Out

「Eternity-1810」 Sold Out

サイズ:高さ120×幅72×奥行72(mm)

素材:ガラス瓶、鉱物(蛍石など)、木材、真鍮、電気部品、他

制作年:2020年

専用木箱付属


「Eternity-1820」 Sold Out

サイズ:高さ120×幅72×奥行72(mm)

素材:ガラス瓶、鉱物(蛍石など)、木材、真鍮、電気部品、他

制作年:2020年

専用木箱付属


 

手前「Eternity-1820」、奥「Eternity-1810」


「Eternity-1810」


台座部を入れた全体の高さは12cm程、手のひらに乗るくらいの大きさです。(1810)


 

※5/20に出品作品を追加しました。

「空想の庭 - 橋と月505」

この作品の詳細
http://hikidashi.garag.net/?eid=1575631

 

 

作品に関するご質問などありましたらお気軽にこちらからお問い合わせください。

http://garag.net/mail.html

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.