■Takeshi Uchibayashi Blog◆GARAG's drawers■

美術作家/内林武史の展覧会情報などをお伝えするNewsブログ【GARAGの引き出し】です。 今日もまた、木を削ったり、金属を磨いたり、機械を分解したり。。。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
Takeshi Uchibayashi Twitter
内林武史のツイッター
MOBILE
qrcode
 
個展「宙の窓 sora no mado」出品作など。

個展「宙の窓 sora no mado」出品作をまとめたページです。

展覧会の詳細はこちらのページをご覧ください。


今回の個展でいちばん大きい「窓」は直径約60cm。12角形のフレームで仕上げ、古びた塗装を施した。SFのようなレトロのような丸窓。見た事ないけど何故か『懐かしい。』そんな窓。一瞬で遥か彼方に連れて行ってくれる。


 『記憶の窓 -1975-』 2019年制作 素材:木材、電気部品、他

※壁掛け作品、ハシゴを含めた全体の高さは約50cm。他にシリーズ1971、1978もあり。


 『星空を渡る橋』 2019年制作

素材:木材、ガラス、電気部品、他

※置き作品。


 

 

『発掘の日 -Excavated Day-』 2019年制作

素材:木材、鉱物(蛍石)、電気部品、他


新作「雪の結晶の万華鏡 1920-505」2019年バージョン(手作りの木箱入り)


「宇宙の種」

小さな本の形をしたオブジェ。ケースに収めると「タネ」は眠りにつきます。


真夜中に物音と何かの気配。「秘密の入口-2019」


蒼く光る特別バージョンの小さな『星の街』1点だけ出品します。[Pleiades-M45]


入口横のディスプレイウィンドウに展示予定の高さ40cmくらいの大きめの星の街


多面体の宇宙「僕の住む星」


内林武史オブジェ作品展「宙の窓 sora no mado」

会場:新宿高島屋10階・美術画廊

会期: 2019年11月27日(水) - 12月9日(月)  会期中無休

営業時間: 午前10時〜午後8時 (金,土は午後8時半まで営業)

※百貨店なので閉館時間と同時に入場出来なくなります、ゆっくりご覧になりたい方は30分程早めのご入場をお勧め致します。

※ 入場無料 ※ 最終日12/9は夕方4時で閉場します。

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 TEL(03)5361-1111(代表)

https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/floor/f10.html


Takeshi Uchibayashi Object Exhibition “Sora no Mado” Cosmic Window

November 27 - December 9, 2019 Hours: 10 am - 8 pm

Takashimaya Shinjuku 10th floor art gallery 151-8580

Shibuya-ku, Tokyo Sendagaya 5-24-2

TEL (03) 5361-1111

https://www.takashimaya-global.com/en/stores/shinjuku/


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしています。

Takeshi Uchibayashi website http://garag.net/

オンラインショップ https://garagshop.thebase.in/

ツイッター https://twitter.com/garag_takeshi

インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/

フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi


 

11月27日より新宿高島屋にて個展『宙の窓 sora no mado』開催

2013年,2016年と過去二回開催してきた新宿高島屋・美術画廊での個展。

3年振り、3回目となる今展は空想の宇宙空間へと繋がる『窓』をテーマに、様々なオブジェを展示します。


記憶の中の自分が「あれをつくれ、これをつくれ」と言ってくる。 小学校の通学路は毎日新しい発見でいっぱいだった。空き地の土を掘り、石を割り、虫を探し、空や星を眺めた。夕暮れ時、西の空に細い月を見付け、手の中にそっと閉じ込めてみる。 「宙の窓」はあの頃のそんな空と繋がっている。 新宿高島屋イベント紹介ページ→https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/topics/detail.html?category=art&id=29401#contents


内林武史オブジェ作品展「宙の窓 sora no mado」

会場:新宿高島屋10階・美術画廊

会期: 2019年11月27日(水) - 12月9日(月)  会期中無休

営業時間: 午前10時〜午後8時 (金,土は午後8時半まで営業)

※百貨店なので閉館時間と同時に入場出来なくなります、ゆっくりご覧になりたい方は30分程早めのご入場をお勧め致します。

※ 入場無料 ※ 最終日12/9は夕方4時で閉場します。

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 TEL(03)5361-1111(代表)

https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/floor/f10.html


展覧会出品作はこちらのページにまとめました。


Takeshi Uchibayashi Object Exhibition “Sora no Mado” Cosmic Window

November 27 - December 9, 2019 Hours: 10 am - 8 pm

Takashimaya Shinjuku 10th floor art gallery 151-8580

Shibuya-ku, Tokyo Sendagaya 5-24-2

TEL (03) 5361-1111

https://www.takashimaya-global.com/en/stores/shinjuku/


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしています。

Takeshi Uchibayashi website http://garag.net/

オンラインショップ https://garagshop.thebase.in/

ツイッター https://twitter.com/garag_takeshi

インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/

フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi


 

7/6から開催のGalerie LIBRAIRIE6 「透明な夢」展に参加

「透明な夢」展は7月21日(日)にて終了しました。

LIBRAIRIE6にいつも来られるお客さま、他の参加作家さまのお知り合いなど、内林武史の作品を今回初めて見た、触れたという方々にも沢山お会いする事ができました。

今回の展示作品は全て行き先が決まり、もうご覧頂く事が出来ませんが、次回11月末の新宿眦膕阿任慮津犬任泙真靴燭丙酩覆鬚翰頂きたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

今後ともよろしくお願いいたします。

 


Galerie LIBRAIRIE6 第70回企画「透明な夢」展

会期 / 2019年7月6日(土)〜7月21日(日)
開廊時間 / 水曜〜土曜 12:00〜19:00 日曜は18:00まで

「透明」をテーマに17名の作家作品を展示。
宇野亞喜良、内林武史、大月雄二郎、勝本みつる、柿沼裕朋、柄澤齊、桑原弘明、合田ノブヨ、菅野まり子、平竜二、建石修志、野中ユリ、ヒグチユウコ、松本裕子、まりの・るうにい、山下陽子、湯沢薫、他


LIBRAIRIE6 /シス書店

〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
TEL/FAX 03-6452-3345
MAIL / info@librairie6.com

 

内林武史出品作品


【月光結晶標本】
 素材:ガラス薬瓶、鉱物(水晶)、樹脂、木材、電気部品、他
2019年制作

月からの光りの粒子を集めて瓶の中で結晶化させる。「満月の光りは丸く、三日月の光りは細く結晶化するのだ!」なんていう妄想が脳内を行き来していたのはもう何年も前。木箱のラベルには【月光結晶標本】当研究所は月の光りを結晶化させる事に成功しました。 -月光結晶研究所- / 設立1805 とフランス語で書かれています。 どうぞそんな世界をお楽しみください。


【静かな夜のカケラ】
素材:木材、鉱物(水晶)、真鍮、電気部品、他
2019年制作
「透明」がテーマだと聞いてすぐに思い浮かんだのが形の無い「時間」という概念でした。透明な時間。そしてその視えない静かな時間を螺旋階段の形で表現できないかと制作したのがこの作品【静かな夜のカケラ】です。 階段は透明な世界に繋がっています、そっと足を踏み入れてください。


【Ismédail】
素材:木材、鉱物(蛍石,アメジストなど)、ガラス、真鍮、電気部品、他
2017年制作
鉱物を楽しむ為の小箱に収められた実験セット。作品名のイシメデイルは「石愛でる」からの作家造語です。


真鍮製の音楽再生機【mellow】
素材:木材、真鍮、電気部品、他
2019年制作

裏側にセットされたSDカードを交換すると様々な音楽が楽しめます。儀燭鉢況燭あり、今回展示されるのは況燭任后(単三電池使用)


会期中、会場にて【月光結晶標本】、【発掘した日】のポストカード2枚セットを販売。


その他ポストカード、フォトブックなどこちらのオンラインショップで販売しています。

https://garagshop.thebase.in/


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

6/1から開催のグループ展『OBJECT』に参加

「OBJECT」

立体作品をテーマとしたグループ展。ギャラリー椿で発表を続けている作家作品に加え、T氏コレクション、ギャラリーコレクションより厳選された立体作品、オブジェを展示。

 

2019年6月1日[土] - 15日[土]
11:00 AM - 6:30 PM
日・祝休廊(6/2、6/9は画廊がお休みですのでお気をつけください。)

 

ギャラリー椿
104-0031 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F
Phone : 03-3281-7808 fax : 03-3281-7848

http://www.gallery-tsubaki.net/2019/Object/info.htm
 

参加作家

浅井飛人, 内林武史, 大島康幸, 川崎広平
北村奈津子, 木村繁之, 桑原弘明, 呉亜沙
合田佐和子, 小林健二, 塩澤宏信, 鈴木亘彦
高木まどか, 天明里奈, 星野曜, 間島領一, 松川栞
三木サチコ, 横田尚, 四谷シモン, リー・ユンボク


 

内林武史は「閉じたまま読む本」

 

「夢の在り処 3」

 

 

「硝子の中の銀河 -1889RSP-」(アンティーク仕上げ・オリジナル木箱付き)

の計三作品を出品。(全て一点づつのみ)

 

 

 

 

現在、内林武史のオンラインショップ https://garagshop.thebase.in/ で販売している「硝子の中の銀河 -1889-」と今回展示する「硝子の中の銀河 -1889RSP-」は仕上げ塗装、箱などが異なる別バージョンです。

こちらの画像は https://garagshop.thebase.in/ で販売している「硝子の中の銀河 -1889-」(白塗装仕上げ・紙箱入り)

 

 ※garagshop.thebase.inで販売する「硝子の中の銀河 -1889-」は15660円、

「OBJECT」展に出品する「硝子の中の銀河 -1889RSP-」は35500〜38500円の予定です。

 

作品の関するご質問などございましたら garagshop@gmail.com へお気軽にお問い合わせください。

 


 

[OBJECT]


1 June - 15 June, 2019
11:00 AM - 6:30 PM
Close on Sundays and Public Holiday

 

GALLERY TSUBAKI
Daiichi Shimomura Bldg.1F 3-3-10 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo,104-0031, Japan
Phone : 81-3-3281-7808 fax : 81-3-3281-7848

Hitto ASAI, Takeshi UCHIBAYASHI, Yasuyuki OSHIMA, Kohei KAWASAKI
Natsuko KITAMURA, Shigeyuki KIMURA, Hiroaki KUWABARA, Asa GO
Sawako GODA, Kenji KOBAYASHI, Hironobu SHIOZAWA, Nobuhiko SUZUKI
Madoka TAKAGI, Rina TEMMYO, Akira HOSHINO, Ryoichi MAJIMA, Shiori MATSUKAWA
Sachiko MIKI, Nao YOKOTA, Simon YOTSUYA, Yunbok LEE

 


 

GALLERY TSUBAKI  access map

http://www.gallery-tsubaki.net/access.html

 

3月22日(金)〜松屋銀座で開催の朝日チャリティー美術展に参加

●Asahi Fusion Art EX -立体アート展-

朝日チャリティー美術展・東京展

 

松屋GINZA・8階イベントスクエア 入場無料

〒104-8130

東京都中央区銀座3−6−1

http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20190322_charity_8es.html

 

2019年3月22日(金)−3月25日(月)
<23日は18:00閉場。最終日17:00閉場、入札は最終日13:00まで>

 

この展覧会はチャリティー美術展です。

収益は児童養護施設の子どもの進学支援、「認知症カフェ」を全国に広める取り組み、東日本大震災復興支援事業などの朝日新聞厚生文化事業団の社会福祉事業に役立てます。「共に生きる豊かな福祉社会」の実現に向けて、さらなる歩みを進めるために、皆さまのご支援ご協力をお願い申し上げます。

3月18日(月)から下記サイトにて入札を受け付けております。

http://www.asahi-welfare.or.jp/bid/fusionart/2019/

 

主催:朝日新聞厚生文化事業団

協力:ギャラリー椿・Gallery花影捗・さかつうギャラリー・FUMA CONTEMPORARY TOKYO

 


 

内林武史は2点の新作オブジェを出品します。

 

「閉じたまま読む本」(2019)

真鍮の分銅をコインの上に置くと瓶の中の鉱物が光ります。この本は開く事が出来ませんが、光る鉱物を見つめていると物語の世界に連れて行ってくれるかもしれません。是非お手を触れて頂きたい作品です。分銅を置いたり、持ち上げたりして点いたり消えたりをお楽しみください。※お手を触れる場合は必ずスタッフ、係員に声をかけて下さい。会場には沢山の作品が展示してあります、絶対に他の作家さまの作品にはお手を触れないようお願い致します。

 

 

 

「夢の在り処,No'3」(2019)夢の中で採掘された幾つかの鉱物標本。

月面に隠された「石」を夢の中で探す装置。石の在り処が夢の在り処。[Grimaldi], [Stevinus]など4つの光る石の下に書かれているテキストはクレーター名から。※月を横切る真鍮の細い線は土星の輪の様なものではなく、夢の探査衛星の軌道(本当はみえない線)です。

 

 


 

最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi

 

オブジェ作品のフォトブック『constract』発売のお知らせ

オブジェ作品40数点が掲載された小さな作品集『construct』が出来ました。

 

タイトルの『construct』は「構築、構築する」。

日々の作業は、塊から掘り出し何かを生み出す、というニュアンスの「彫刻」という言葉より、

建築や建造物などのように一つ一つ部品をつくりそれらを組み上げていく

「構築 - construct - 」の方がしっくりくる気がする。

 


現在、オンラインショップ【garagshop.thebase.in】でのみご購入いただけます。

https://garagshop.thebase.in/

オブジェ制作・撮影・編集構成 / 内林武史

サイズは15センチ×15センチの正方形、厚さ5ミリ程

全48ページ、1996年から2018年に制作した43点のオブジェ作品を掲載。

各ページに一作品づつ、画像と作品タイトル、制作年、使用素材が入っています。

※作品のサイズ表記、作品の解説文はありません。

 


オンラインショップでは他にポストカードなども販売しています。

https://garagshop.thebase.in/

 

 

3月,パークホテル東京にて作品展示

●ART in PARK HOTEL TOKYO 2019

3月8日(金)〜10日(日)

プレビュー
3月8日(金)14:00〜21:00
※招待客・プレス関係者のみ
一般公開
3月9日(土) 12:00〜21:00
3月10日(日) 12:00〜19:00
※ご入場はフェア終了の1時間前まで

 

パークホテル東京26階・27階
〒105-7227 東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー (フロント25階)
T. 03-6252-1111(代表)

入場料 ¥1,500 / 1 Day Pass
※当日、フェア受付にてお買い求めください

https://aipht.artosaka.jp

内林武史作品は[2719号室・Sansiao Gallery]にて展示されます。

光の色を7色に変更可能な『星の街』の特別バージョン
「galaxy M192」など新旧合わせて約10点を出品

(galaxyは一点のみの出品です。)

小さな木箱の作品
「空想の庭 幾つもの行き先 – 812」(2019)

 

以下、「AiPHT 2019」ウェブサイトあいさつ文より

「AiPHT 2019」では、総勢42ギャラリー(東京:15軒、東京以外:21軒、台湾:3軒、韓国:3軒)がラインナップ、内9軒が初出展です。当フェアの特徴の1つ目は、東京以外を拠点とするギャラリーが数多く出展する点です。東京ではなかなかご覧頂く機会の少ない作家・作品を、少数精鋭の質の高いプレゼンテーションでご紹介します。2つ目は自宅でのアートコレクションをイメージし易い点です。各ギャラリーがホテル客室に工夫を凝らし、親密な空間にて作品との出会いを演出します。
また、出展作品は若手注目作家から、国際的に活躍する著名作家の絵画・彫刻・版画・写真に限らず空間全体を使ったインスタレーションまで、幅広くご紹介します。さらに今回注目すべきは、近年国内の主要な美術館で研究・評価がされている「1980年代」を展示テーマの1つに挙げている点です。80年代の日本の美術シーンを象徴する作家作品も多数出展される予定です。

 




 

2019年、今年もよろしくお願いいたします。

2018年は1月のGINZA SIX、2月の横浜眦膕亜8月の日本橋眦膕亜12月の新生堂と目まぐるしくも充実した一年でした。2019年は11月末、新宿眦膕阿砲童津験催の予定です、遅くなりましたが本年もどうぞよろしくお願い致します。 内林武史


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi


 

個展『星の街』は12/22にて終了しました。(南青山・新生堂)

南青山の新生堂で開催していた個展「星の街」は12月22日(土)にて閉場しました。沢山のご高覧ありがとうございました。ご来場くださった皆様が撮影してくれた展示の様子などはツイッターモーメントでご覧いただけます。https://twitter.com/i/moments/1071734134207262723

【チェロのミニライブのお知らせ】

12/21(金)、友人のチェリスト・本橋快氏のミニミニソロライブがあります。演奏時間は17:00ごろから15分くらいだと思いますが、状況に応じてもう少し演奏してもらえるかもしれません。天井高が5メートルくらいある音の響く空間での小さな小さな演奏会です。少しですがワインなどもお楽しみ頂く予定です。かしこまったものではありません、お時間ございましたら是非お気軽にオブジェの光とチェロの音色を楽しみにお越しください。

 

107-0062 東京都港区南青山5-4-30
新生堂ギャラリー
12/21(金)17:00頃から...
入場/鑑賞 無料※予約不要

曲目:バッハ無伴奏1番〜、クリスマスキャロル(アレンジ)など。

 

 

 

 

家の様な形の中には沢山の星が集まった一つの銀河。そんな銀河が無数に存在しているのが宇宙なのだろうか。

子供の頃、壁の向こう側や押入れの中が無限に広がる宇宙空間に繋がっていたら… など自分と宇宙との境界線を考え、怖いながらもドキドキわくわくし、眠れぬ夜をおくっていた。

家の中が宇宙、壁の向こうが宇宙。そんな空想の銀河の旅をどうぞお楽しみください。

【ギャラリーページ】

http://shinseido.com/takeshi-uchibayashi-ex18/

 

 

 

南青山・新生堂画廊

12月6日(木)〜12月22日(土)

●日曜休廊 (9日、16日は画廊がお休みです、ご注意ください。)

●営業時間:午前11時〜午後6時 (最終日12/22[土]は午後5時で終了致します。)

●入場無料、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

107-0062 東京都港区南青山5-4-30

tel,03-3498-8383

http://www.shinseido.com/

 

 

「星の街」と「月の塔」

 

 

 

[Takeshi Uchibayashi object exhibition "city of stars"]

●Thursday, December 6 - Saturday, December 22

●Gallery SHINSEIDO

5-4-30 Minami Aoyama Minato-ku Tokyo

tel,03-3498-8383

http://www.shinseido.com/

●Closed on Sunday

●free entrance

●Artist website→

 

 

 

一階、地下ともに内林武史展の開催です。

新生堂一階では旧作の展示、地下スペースにて新作「星の街」を展示致します。

 

詳細、変更などありましたらまたこのページにてお知らせ致します。

 


最新の情報はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSでもお伝えしていきます。
website         http://garag.net/
ツイッター   https://twitter.com/garag_takeshi
インスタグラム https://www.instagram.com/takeshiuchibayashi/
フェイスブック https://www.facebook.com/takeshi.uchibayashi


 

5人の作家による金属オブジェ展(日本橋タカシマヤ)

この展覧会は9/17で終了しました、沢山のご高覧ありがとうございました。

今後の展覧会情報はこちらからどうぞ。

 

 

5人の作家による金属オブジェ展「Metal Fetish メタル・フェティッシュ」現在開催中です。

 

 

8月29日(水)→9月17日(月)

日本橋高島屋6階・美術画廊X

会期中無休・入場無料

 

〒103-8265

東京都中央区日本橋2丁目4番1号

TEL:(03)3211‐4111

https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/floor/f06.html

 

参加作家(順不同・敬称略)

内林武史、明和電機、菅野猛、桑原弘明、篠田守男

 

 

5人の参加作家による様々な金属オブジェが20数点展示されています。

 

内林武史出展作品 - 01「月の眠る場所」2018年制作

素材:真鍮、樹脂、ガラス、木材、電気部品など

 

内林武史出展作品 - 02「時の輪郭」2018年制作

素材:真鍮、鉱物(水晶)、電気部品など

 

内林武史出展作品 - 03「時の輪郭」2018年制作

素材:真鍮、鉱物(蛍石)、電気部品など

 

内林武史出展作品 - 04「Imagination energy」2016年制作

素材:真鍮、木材、鉱物(水晶)、電気部品など

 

なお、同時期に高島屋から徒歩圏内の「Sansiao Gallery」にて立体オブジェの展覧会『Materia』が開催されますのでこちらも併せてご高覧くだされば幸いです。詳細はこちらから→ http://hikidashi.garag.net/?eid=1575617

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.